2021年1月19日

しじみの学校・・・発見が困難

曇り空の一日・・・宍道湖・松江

 

冬期に入り水揚げ量が少なくなっています・・・宍道湖大和しじみ

泥地での操業が多くなり、選別をしていますと

ドロ貝(身の無い殻に砂泥が詰まったもの)を

非常に多く確認します。

ドロ貝は泥が粘土状になっている場合が多くあり、

殻が開きにくく、発見に困難。

弊社では選別工程、洗浄工程で対策を講じています。

 

 

ドロ貝

ページトップへ